企業情報

健康経営宣言

当社は、従業員一人ひとりが心身ともに健康で安心して業務を遂行し、個性・能力を最大限に発揮することが、企業の発展につながると考えています。
当社は、経営理念として掲げている「IT価値を提供することにより、社会・お客さまの発展に貢献する」ため、その原動力となる従業員一人ひとりが、心身ともに健康でいきいきと働き続けることができるよう、「健康経営」を推進していきます。


2020年10月1日


株式会社さくらケーシーエス
代表取締役社長 神原 忠明

          
健康経営にかかる主な取組み
健康管理体制 人事担当役員である経営管理本部長が健康経営責任者となり、当社の健康経営をけん引するとともに、社内では人事部が中心となり、産業医や三井住友銀行健康保険組合と連携し、従業員の健康づくりを推進しています。
健康診断の実施 労働安全衛生法で定められた定期健康診断に加え、三井住友銀行健康保険組合と協働して、成人病健診・人間ドック等を実施しています。
また、再検査が必要な場合は、就業時間中の受診を認めるなど、疾病の早期発見・早期治療を支援しています。
メンタルヘルスへの取組み 従業員のメンタルヘルス不調の未然防止を目的として、全従業員を対象に年1回ストレスチェックを実施し、必要に応じて産業医の面接指導を勧奨しています。
また、職場ごとにストレス数値を分析し、ストレス数値の高い職場に対しては、その原因と対策を所管する事業部長と協議しています。
禁煙への取組み たばこ(喫煙と受動喫煙)による健康被害から従業員を守るため、就業時間中の全社禁煙を実施しています。
また、三井住友銀行健康保険組合と連携し、禁煙プログラムの費用補助を通じた禁煙サポートを行っています。
ワーク・ライフ・バランス推進への取組み 当社が持続的に成長していくためには、社員一人ひとりが健康を維持し、継続して力を発揮できる環境づくりが必要であり、ワーク・ライフ・バランスの推進を、必須の経営課題の一つとして、取り組んでいます。

ページの先頭へ


コンテンツメニュー

コンテンツトップ

社長あいさつ

経営理念

コーポレートガバナンス

新着情報

会社概要

沿革

組織

アクセス

事業内容


健康経営宣言

ワンストップ・ソリューション・サービス

商品・サービス名検索